1. ホーム
  2. ヘルペスの予防
  3. ≫赤ちゃんがヘルペスに感染するのを予防するにはどうしたらいいのか

赤ちゃんがヘルペスに感染するのを予防するにはどうしたらいいのか

病気になっても大人や子どもであれば、薬も飲めますし、またこれはしないようにとの医師からの指示も守るように行動することもできます。

しかし、赤ちゃんともなると自分で治療や予防のために動くことはできません。親や周りの人が行動していくしかないのです。

 

赤ちゃんがヘルペスになるとつらい

ヘルペスも新生児ヘルペスの場合、その型にもよりますが、死亡率が高くなることもあり、かなり危険です。

また、ヘルペス性歯肉口内炎となってもなかなか水分もとりにくくなったりして、赤ちゃんにとってはつらいものです。

いったん発症してしまうと今後、成長の過程や大人になったあとも再び再発のリスクを背負うこととなり、かなりつらいものです。

やはり感染は完全には防ぐのは難しいでしょうが、それでも感染を予防する努力は親や周りの人がする必要はあると言えます。

 

 

ヘルペス感染を予防するには

赤ちゃんが感染してしまう経路とした母体からの感染があります。
確かに誰でもヘルペスになってしまう可能性はありますし、発症せずに保有していることもあります。

母親が保有していることもありますが、ただ、妊娠30週目までの感染だと赤ちゃんへ観戦することはほとんどなさそうです。
しかし、30週目以降だと、出産時に赤ちゃんに感染してしまう確率がかなり高くなってしまいます。そこで、出産も帝王切開をして感染を予防することを勧められるでしょう。
赤ちゃんのために帝王切開をするのも予防の1つです。

あと、ふだんの生活でタオルやグラスなどは共用せずに分けておくことも感染予防となります。
また、キスやほほすりなどのスキンシップも口を洗ってからだったり手をきれいにしてからなど、常に清潔な状態で行うようにしましょう。

 

 

自分の体調も

赤ちゃんの体調をみるのもいいのですが、もしも自分がヘルペスの兆候があればすぐに受診しておけば、それでも赤ちゃんへの感染を防ぐことにもなるのです。

家族もヘルペスにかからないことが赤ちゃんへの予防にもなるのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。